by the dreamland

夢の国の近くで暮らすエンジニア(おもにインフラ系)のブログ

福岡伸一『生物と無生物のあいだ(2007)』 / チャンスは準備された心に降り立つ。

DNA発見のいきさつとか。

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)

DNAの構造、発見の経緯、生命が行う分子レベルでの「動的平衡(身体構成成分の動的な状態)」についてわかりやすく説明されているので、面白く読める。

GP2細胞、プリオンタンパク質に関する話も興味深い。

進化の断続性、偶然性を認める(?)進化生物学への異議申し立てとしても読める。とても勉強になった。

イワノフスキー

エイブリー

シャルガフ

マリス

ワトソン、クリック、ウィルキンス、

ロザリンド・フランクリン

シュレーディンガー

ルドルフ・シェーンハイマー

ジョージ・バラーディ